低カリウム野菜とは

低カリウム野菜とは

 

低カリウム野菜とは、通常の野菜よりもカリウムの含有量が少ない野菜です。

 

腎臓病患者の場合、1日のカリウム摂取量が制限されており、野菜を茹でるなどして、カリウムを減らさなければいけません。

 

しかし、低カリウム野菜であれば、腎臓病患者が安心して生野菜を食べることができます。

 

そういった背景から開発されたのが低カリウム野菜です。

 

こんな人におすすめ

低カリウム野菜があることで、多くの人の野菜不足が解消されます。

  • もともと生野菜が好きだった
  • 家族揃って食卓を囲む時、サラダが必ずある家庭
  • 栄養不足を指摘された方

このように、普段から生野菜を食べることができない方が低カリウム野菜があることで、生野菜を食べることができます。

 

 

低カリウム野菜が腎臓病患者に与えるメリット

 

低カリウム野菜は腎臓病患者のために開発されたと言っても過言ではありません。

 

これまで、カリウムが原因で食べることができなかった野菜を摂取することで、

  • 生野菜の食物繊維で腸内環境の改善
  • 便秘の解消により、カリウムの排泄の増加
  • 食事制限が減ることでストレス軽減

などの様々な効果が期待できます。

 

これまで、野菜を制限されてきた腎臓病患者にとって、非常に貴重な栄養源になることが期待できます。

 

 

腎機能が低下している場合、カリウムを制限しなければならない

 

腎機能が低下している場合、体内のカリウムをうまく排出することができません。

 

カリウムをうまくコントロールできなくなると、不整脈によって心不全を起こす可能性が上がります。

 

特に腎臓病の透析患者に関しては、カリウムの1日の摂取量を1,500mg~2,000mgに制限しなければいけません。

 

カリウムは野菜に多く含まれており、茹でたりしてカリウムを減らさなければいけません。

 

生野菜には生野菜特有の栄養素が含まれていますが、生野菜を制限することで、カリウム以外の成分が不足してしまいます。

 

低カリウム野菜はこれらの問題を解決することが期待できます。

 

コンブチャクレンズ 口コミ

 

 

© 2021 低カリウム野菜研究会